脈拍数の正常値・基準値Q&A

脈拍数(心拍数)の正常値・基準値、頻脈・徐脈が見られる場合の疾患の可能性、心電図検査の目的についてQ&A方式で初心者向きに解説。

◆頻脈性不整脈とは?

◆頻脈性不整脈とはどのような不整脈ですか?頻脈性不整脈について教えて下さい。

◆頻脈性不整脈とは?
 頻脈性不整脈とは、興奮などの刺激による電気信号を発信する「洞結節」と呼ばれるペースメーカの役割を果たす器官以外の部位から、電気信号が誤って発信されることによって脈拍数が高くなる疾患のことです。
 心臓は基本的に洞結節と呼ばれる司令塔器官からの信号を受けて拍動を刻みます。
 しかし、洞結節からの信号は、
●心房
●房室結節
●ヒス束
●右脚・左脚
●プルキンエ線維
 などの伝導器官を経て全身にくまなく信号が配信されております。
 この際、この伝導器官から、新たに新しい電気信号が誤って発信されてしまうのが頻脈性不整脈の要因です。

◆抗不整脈薬で頻脈を抑制する

◆抗不整脈薬で頻脈を抑制する
 頻脈状態にある患者が、高まりすぎている脈拍を抑制するために使用するお薬を抗不整脈薬と呼びます。
 心臓の電気的興奮は、心臓を構成する「心筋細胞」にイオン物質が出入りする際に生じる微量の電気信号となります。
 イオンが出入りする際に発生する電流が脈拍を促している原理から、このイオンの出入り口を
●薬剤の働きによって塞いでしまおう
 というのが抗不整脈薬が生み出された要因です。

◆チャネル遮断薬

◆チャネル遮断薬
 イオンが出入りする穴のことを医学用語では
●チャネル
 と呼びます。
 そしてこのチャネルの通りを抑制する働きをもっている薬剤を
●チャネル遮断薬
 と呼びます。
 この他にも、交感神経の興奮を抑制する働きをもっている
●β受容体遮断薬
 など頻脈による不整脈を抑制する働きをもつ薬剤は多く開発され有能な効果を発揮しております。

◆不整脈・頻脈・徐脈の基礎知識

◆測定結果から疑われる病気・疾患の可能性

◆心電図検査・カテーテル・手術関連の解説