脈拍数の正常値・基準値Q&A

脈拍数(心拍数)の正常値・基準値、頻脈・徐脈が見られる場合の疾患の可能性、心電図検査の目的についてQ&A方式で初心者向きに解説。

◆徐脈性不整脈とは?

◆徐脈性不整脈とはどのような不整脈ですか?

◆徐脈性不整脈とは?
 頻脈性不整脈とは、洞結節で生成された電気信号の一部が、伝導されている途中の通路で途絶えてしまう不整脈のことです。
 洞結節で生成された信号は
●心房
●房室結節
●ヒス束
●右脚・左脚
●プルキンエ線維

 の順に伝わって心臓へ電気刺激を送り込みます。
 しかし、徐脈性不整脈を発症している場合は、いずれかの部位で刺激が途絶えてしまい信号を正常に伝達することができなくなっております。
 その為、本来拍動するはずの脈が減り、徐脈症状を発症するようになるのです。

◆徐脈性不整脈の発症要因

◆徐脈性不整脈の発症要因

 徐脈性不整脈は、各伝達段階で電気信号が途絶える、もしくは飛んでしまう症状をもたらすことが最大の特徴です。

 この電信号が途絶える段階によって以下のように分類することができます。

●洞房ブロック⇒洞結節からの電気信号が心房に伝導されない状態
●房室ブロック⇒心房から出た電気信号が心室へ伝導されない状態
●脚ブロック⇒ヒス束から出た電気信号が右脚・左脚へ伝導されない状態
●へミブロック⇒左脚の一部にだけ電気信号が伝導されない状態

 各段階においてブロックが生じる可能性をもっていますが、徐脈が発生しているからといってすぐに治療が必要なケースは多くありません。

◆徐脈性不整脈の治療方法

◆徐脈性不整脈の治療方法
 徐脈性不整脈の治療は、治療が必要であるかどうかをまず見極める必要があります。
 見極めるポイントは、進展性の見込まれる徐脈であるケース。
 危険性の高い徐脈であるケースです。
 徐脈性不整脈で治療が必要となるケースでは、その大半の治療においてペースメーカの導入が検討されます。
 お薬などによる薬物療法を行うケースもありますが、基本的にはペースメーカによる治療が基本です。
 徐脈性不整脈で用いられる薬剤は
●イソプロテレノール
 などの自立神経作動薬が使用されます。

◆不整脈・頻脈・徐脈の基礎知識

◆測定結果から疑われる病気・疾患の可能性

◆心電図検査・カテーテル・手術関連の解説